『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

函館ゲーセン・メモリーズ【12】棒二森屋の魔法の扉

前回、函館駅前のデパートについて書いたが、ここでひとつ忘れてはならない……いや、忘れることなどできないメディアについて触れる必要がある。

ラジオ番組ラジオはアメリカン(通称・ラジアメ)だ。
当時のゲームマニアには言わずと知れた、ナムコ一社提供の番組である。


そもそも、1980年代当時はゲームに関する情報収集に、多くの苦労が伴う時代だった。
もちろんインターネットはおろかパソコン通信も普及しておらず、公式の情報源であるゲーム雑誌は月に一度の刊行。
おもちゃ売り場の店頭には、家庭用ゲームソフトの発売予定表が掲示されており、そうした店頭などで一部メーカーが配布する無料のチラシや小冊子などが、数少ない「公式」の情報だった。それ以外では、テレビCMも貴重な情報源であったが、それを流せるメーカーも流す番組も、ごく限られていた。
一時期、メーカー側が「ファンクラブ」を組織して会員に会報とチラシを送ったり、テレフォンサービスなどで情報を公開することも流行っていた。
それ以外は、「口コミ」という非常に不確かながら伝播するメディアが頼りだった。これは都心も地方も変わりない。

その口コミで級友から伝えられたのが、ラジアメの存在だった。
毎週放送される30分のラジオ番組で、番組の合間にはナムコゲームのラジオCMが流れるという。
まさかそんなものがあったとは! 北海道では日曜日の深夜という、学生にはキビしい時間帯であったが、それでも聞いてみることにした。


初めて聞いたのは、1985年12月。
ちょうどパーソナリティが初代・大橋照子から、2代目・斉藤洋美にバトンタッチした年の暮れだった。

その時に流れていたCMは、アーケードの『スカイキッド』とファミコン『スターラスター』。おお、本当にナムコゲームのCMがラジオから流れている!
さらにコーナーの合間には、ゲーム中に流れるジングル(『パックランド』のフェアリーランド到達時の曲、『リブルラブル』のゲームオーバー音、NEWの付かない『ラリーX』のネームエントリー曲等)が流され、彩りを添えていた。
当時からゲームセンターで、ゲームミュージックを生録していた人間が、これを録音しないわけがない。さっそく翌週から、毎週日曜日にラジアメをカセットテープに録音する新習慣が始まったのだ。


当初はナムコのラジオCM目当てで聞いていたラジアメも、いつしか番組そのものの魅力に取り憑かれていた。

斉藤洋美と大橋照子は、そもそもラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)の看板番組ヤロウどもメロウどもOh!(通称・ヤロメロ)で人気絶頂を誇っていた、“たんぱ三人娘”のふたり(もうひとりは小森まなみ)。溌剌とした明るく楽しいトーク術は折り紙つきで、構成作家の鶴間政行の絶妙なツッコミも相まって、中高生が聞いて楽しくないわけがない内容だった。

番組の最後に読み上げられる「番組ご協力者さん」に加わりたくて、わけのわからない貢ぎ物をしてみたり(ちゃんと名前が読み上げられ、次の日学校で級友から冷やかされた)、投稿をはじめたのもこの番組がきっかけであった。


そして、1987年9月23日。
とあるきっかけがきっかけを呼び、ラジアメが函館に来ることになった。


当時、ラジアメは「全国ふれ愛キャンペーン」というイベントを行っており、函館でもそのイベントをやることになった。その会場が、他ならぬ棒二森屋の屋上だったのだ。
ボーニの屋上に足を踏み入れたのは、未だにこの時しかない。

いつもは閉ざされた扉が、この日に限り開放されており、普段なら足を踏み入れてはいけない階段を踏みしめて、屋上へ。

棒二森屋の屋上

太陽と青空、やや強めの風の向こうに、電波越しに声しか聞いたことのない二人はいた。
ステージ左側には、このイベントで使用した『ワギャン』の姿も。
※先日、実家でネガフィルムを発見し、それをスキャンしてみた。以下、とくに断りが無い限り当時の管理人のカメラで撮影した写真となる。

洋美さんのアップ

上記写真の、洋美さん部分を拡大。

普段意識したことのない、同じ函館の地で同じ時間に、同じ周波数に合わせてラジオを聴く“仲間”たちに囲まれ、夢のような時間は瞬く間に過ぎていった。

洋美さんと当時のリスナー達

最後に下敷き(通称:魔除け下敷き)にサインをもらい、一緒に写真を撮っていただいた。
この写真、どうやって公開しようか迷ったが、当時の空気感を少しでも伝えたかったので、洋美さんを除く周囲の人々の顔だけ隠し、あとはそのままにしてみた。
手前にある、南瓜などの野菜は……もしかしたらリスナーが実家で育てたものを持ってきたのだろうか? もうこのへんの記憶はとんとない。

鶴間さんとツーショット

特に鶴間さんが「『明星』のポーズで」と、肩を組んで写真に収まってくださったのは嬉しかった。


しばらくして、その時に写真を撮影していたカメラマンの方が、写真を函館キャロットハウスの壁に並べられ、希望者に向けて販売していた。
照れながらも自分の写った写真や、洋美さんらの写真を購入。

張り出された写真1

張り出された写真2

この二枚が、その時購入した写真(写真を直接スキャンしたので少々汚い)。

あの日のキャロットハウスは、まるで遠足で撮った写真を掲示していた、学校の教室みたいだった。



しかし、成長するにつれ、やがてラジアメは聞かなくなってしまった。
「つまらなくなった」「俺には合わなくなった」というボンヤリした、いわゆる中二病のような感情があったことを何となく覚えている。
それと、番組内で「ぼくが作った曲です!」のような触れ込みで、投稿された同業他社のゲーム音楽が流されたことがあり、それで妙なヘイトが蓄積された覚えもある。
また、良くも悪くも大きな変化のない内容は、そのまま自分自身の嗜好を映し出す鏡となって、己の成長を無意識のうちに見せてくれたのかもしれない。
そして、それまでカリスマであり続けてきたナムコのゲームが、自分にとって必ずしもそうではなくなってきたことが、一番大きな理由だったと今は思う。

1988年頃に、それまでほぼ途切れずに続けてきた録音をやめ、以後はたまにダイヤルを合わせることがあった程度。
それも、パーソナリティが3代目に交代し、番組のカラーが大きく変更されたところで、もう聞くことはなくなった。


管理人にとって、ラジアメは子供から大人へ精神的に成長する最中に、ぴったりと填まったパズルのピースのようなものであった。
ゲーム、ナムコ、深夜ラジオ、会ったこともない電波の向こうの“ヒロイン”と、同じ時間を共有する“仲間”。そんなピースが填まったからこそ、棒二森屋の屋上という「約束の地」へと通じる魔法の扉は、開いたのであった。

もう、こんな形で魔法の扉が開くことは、二度とないのかもしれない。


【余談】
前掲の写真で、ふととある少年(今は立派なアラサー? アラフォー?)のウエストポーチに目が留まった。

ナムコット・サマーカップ'85

これ、ナムコット・サマーカップ'85という当時行われたイベント(ナムコのファミコンゲームのハイスコアコンテスト)で、応募者全員から抽選で選ばれた人に贈られるプレゼントなのだ。
あのイベントから27年、今になってようやくこんな事実に気付いた。写真とは恐ろしい……!



スポンサーサイト
  1. 2014/03/09(日) 18:00:00|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

函館ゲーセン・メモリーズ【11】駅前三大デパートのゲームコーナー

最初に断っておくことがひとつ。
じつは管理人は、函館駅前のゲームセンター事情にはあまり詳しくない。
実家からは相当離れた場所であるため、そもそも駅前に来ることすら稀であった。
よって、当時の記憶もかなり乏しく、函館駅前のゲームセンターに関する記述は、かなりあやふやである点をあらかじめご容赦いただきたい。
(そして、できればより記憶の確かな皆様方に、同じようにブログ等で語っていただきたい。)



以前にも記したとおり、JR函館駅付近は函館の繁華街のひとつである。

函館駅の真正面に延びる道路を、路面電車の函館市電が縦断しており、その左右のアーケード街には、大小さまざまな店舗が軒を連ねている。
その中心といえば、なんといってもデパート群。老舗の棒二森屋(ボーニ)と、その正面に建つ和光デパート、少し離れてさいか(彩華)デパートの三店舗が、ほんの半径数百メートルの円内に結集していた。

これらのデパートに共通していること。
それは、上層階にゲームコーナーが存在していたことだ。
函館駅前のデパートのゲームコーナーは、それぞれに特徴的とも言える独自のラインナップを形成していた。


棒二森屋


大きな地図で見る

ボーニの上層階といえば、なんといっても「おもちゃ売り場」に「大食堂」。
子どもの頃に買い物に連れて行かれた折は、たいてい親が買い物をしている間、おもちゃ売り場に放牧され、時間を潰していた。そして、買い物を終えた親と、たまに大食堂で食事をとる。
窓から眼下に広がる、函館駅前の光景。それは子供心に、天から下界を見下ろすが如き悦楽をもたらしてくれた。

ゲームコーナーが存在していたのは、おそらく7階だったと思う。
だが、ここに来たことはかなり少なかったため、ラインナップに関する記憶はほとんど無い。
たしか『マッピー』『メトロクロス』を初めて見たのが、ここだった気がする。そういえば、筐体やコンパネはナムコ製だったかもしれない。
また、当初はわりと普通のゲームコーナーだったが、ある時期はバックヤードのようなやたら狭いスペースに追いやられていた記憶もある(1985~86年頃?)。

やがて1982年、隣に別館「ボーニアネックス」が建てられる。


大きな地図で見る

そこの7階にゲームコーナーが移ったのは、いつのことだったか。
前回の冒頭で少しだけ触れたが、学校を卒業後、一時的に函館で働いていたことがあり、その職場が函館駅の付近にあった。
この時はもう比較的新しめのラインナップ、当時のごく普通のビデオゲーム群が設置してあった。ジャレコ製筐体に『V・Ⅴ』『BATSUGUN』『ストリートファイターII'ターボ』なんかが稼働していた。

ボーニアネックスのゲームコーナーは、現在も1フロアをまるまる占有して営業している。
そのほとんどは、プライズマシンやプリントシール機、メダルゲームなどで、ゲームも『太鼓の達人』シリーズくらい。
楽しい場所ではあるが、かつてのような刺激は、そこにはない。

なお、ボーニにはまたちょっと異質の思い出もあるのだが、それは次回書かせていただく。


和光デパート


大きな地図で見る

ボーニの真正面にある和光デパートは、ボーニとの競合を避けるという意図があったのかもしれないが、昔から風変わりな大型店舗であった。

やや高年齢層向けのファッションが多く、地下には味に定評のある美味しいラーメン屋や、レコード店もあった。
余談だが、ここのレコード店で『ベスト・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』の新品CDを見たことがあるが、今のところ現品を見たのはこの店で一度きりだ(当時はCDプレイヤーを持っておらず、また当時の財政状況ではとても手が出なかった)。
また、医療系のテナントが多く入っていたり、ブロマイドなどのアイドルグッズショップなんかもあった記憶が残る。

そして、ここの7階にあるゲームコーナーは、新旧入り乱れてさまざまなゲームが並んでいた。
板張りの床に並んだテーブル筐体では、『パックマンJr.』や脱衣麻雀などが稼働しており、ひときわカオスな雰囲気を漂わせていた。
奥には100円で10分程度ファミコンが遊べる筐体(中にRPGが入っているのは凶悪であったが……)、一方で屋上側の窓ぎわには『ニンジャウォーリアーズ』が置かれてもいた。
メダルゲームは比較的年代物が多く、『ニューペニーフォールズ』などもあった。
窓からは屋上の景色が見えており、他店舗と比べても日光の差しこむ解放感はあった。

このように差別化を図っていた和光デパートも、やがて斜陽の道をたどることとなった。
いつの間にかテナントが次々と撤退を始め、美味しかったラーメン屋も潰れたのか移転したのか、その行く末は知らない。地下をはじめとするいくつかのフロアが閉鎖され、7階のゲームコーナーも撤退してしまった。

この後、7階には「アニメイト」が入居し、板張りの床の上には所狭しと同人誌やアニメグッズが並ぶこととなる。
他にも、鉄道関連の展示フロアやトレカショップなど、マニア向けのテナントが入り、往時とはまた違った盛り上がりを見せていた。

しかし、長い歴史を持つビルも、残念ながら2013年秋をもって閉館、2014年の取り壊しが決まった。
やがて新たなビルが建てられ、駅前の新しい目玉施設となるのだろう。そして、やがては和光デパートの在りし日の姿も、忘れ去られていくのだろう。


さいかデパート

上記の二店舗と比べると、やや地味な印象のあった「さいか」。
ここは2階にYESこと「そうご電器」(北海道で80年代に有名だった家電チェーン店)が入っており、そこにはソフトベンダーTAKERUというパソコンソフトの自動販売機が設置されていた。
中学生の頃からMSXユーザーでもあったので、ここをたびたび利用していた記憶がある。

普段は2階にしか行かないため、じつは上層階にゲームコーナーがあることをしばらく知らなかった。
きっかけは忘れてしまったが、ある時その存在に気づき、行ってみた。
すると、そこには時代に取り残されたかの如く、当時でも貴重なレトロゲームであふれかえっていた。

印象的だったのは、『ジグザグ』『パックギャル』といった微妙に本筋から外れたゲームと、その並びで稼働していた『イスパイアル』。店舗で稼働している『イスパイアル』を見たのは、今のところこれが唯一だ。
また、『マイケル・ジャクソンズ ムーンウォーカー』『ラフレーサー』『ミッドナイトレジスタンス』などが稼働しており、それらは以前にも触れた「ゲームミュージックの生録」にも活用していた。
ほかに、セガ・マークIIIのゲームが何種類か入ったアップライト筐体もあり、『北斗の拳』の海外版『ブラックベルト』で遊んだこともある。
また、かつてはナムコのエレメカ『F1』が稼働していたのか、その壁部分のみがフロアの隅に立てかけられていた。

だが、ここも時流には逆らえず。
末期になると、ワンフロアをまるまる使用していたゲームコーナーは、4階の寝具売り場の片隅に大幅に縮小させられることとなった。
とはいえ、ここで稼働していたセガの『F-1エキゾーストノート』は、寝具売り場という滅多に人の来ない静かな空間で、時折アトラクトにてキレのいいギターサウンドを聴かせてくれていた。
この場所で稼働しなければ、管理人もこのゲームのサウンドの良さに気付くことはなかっただろう。今もってCD化されていないことは非常に残念だ。

そうした思い出を残しつつも、結局さいかは1990年代末に休業、ビルも2002年頃に解体されてしまった。


大きな地図で見る

跡地は現在、新しいビルが建ち、パチンコ屋が営業している。


デパートのゲームコーナーは、子供にとっては未知のカルチャーに触れる端緒でもあった。
ゲームセンターは暗すぎるし、スーパーのゲームコーナーは狭すぎる。デパートの広々とした空間に敷き詰められた、新旧取り混ぜた野放図なビデオゲームこそが、時に思いも寄らない出会いをもたらしてくれる。
その誘惑に引き込まれたからこそ、今もってゲームを深く愛する方々も多いことだろう。

デパートに買い物に来る家族連れ、親の買い物中に子供が遊びながら待つという性質から、今はそこにマニア性など求められないのだろう。
子供が安心して遊べる場所ではあるが、子供が刺激を受ける場所ではなくなってしまった。


今の子供たちは、どうやってアーケードゲームに触れればいいのだろう?



  1. 2014/03/07(金) 23:00:00|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

函館ゲーセン・メモリーズ【10】ジャンプと五稜郭ゲーセンの終焉

五稜郭のゲーセンを拠点に過ごしてきた三年間は、あっという間に過ぎていった。
その後、進学でしばらく函館を離れることとなる。
進学時のゲーセンにも、また思い入れはあるのだが、それは別の機会にでも触れたい。


さて、その後諸事情により、一時的に函館に帰ってしばらく働いていた。

函館を離れていたのはわずか数年であったが、その間にも五稜郭のゲーセンの様相は、大きく変わっていた。


元々、ハイテクセガ五稜郭桃太郎のある場所は、その奥にボウリング場のジャンプがあった。
ハイテクセガの横から伸び、桃太郎への入口もある白い階段は、本来それよりさらに上の階であるジャンプに通じていたのだ。
ジャンプはボウリング場ということもあり、基本的にゲームはそれほど充実はしておらず、熱心には通わなかった。
だが、一時期は函館キャロットハウスにもなかった『メタルホーク』が入っており、友人Kとともによく遊んでいた。

そのジャンプが、ビルの下の階にあったスーパー(たしか生協だったと思う)の部分に進出し、さらに手前の駐車場部分に入口施設を増築して、ゲームコーナー部分を独立させたのだ。
それまでとは比べものにならないほど広々としたスペースに、大型筐体ゲームがたくさん置かれていた記憶がある。
時期的には、その頃人気を博していた『ダンスダンスレボリューション』や、『ファイナルハロン』、そしてなぜか『トップランディング』があったのを覚えている。……が、時間と場所がどこか混在してしまっているかもしれない。


1976年のジャンプ

これは国土交通省の国土画像情報(カラー空中写真)から転載した、1976年のジャンプの様子。
右上は五稜郭公園、五稜郭タワーも昔のものが建っている。右下は後に函館美術館が建てられる場所。
赤いワクで囲んだ建物がジャンプだ。


1993年のジャンプ

こちらは海上保安庁による1993年の航空写真。
1976年当時のジャンプにはなかった建物が、ふたつ隣接しているのがわかるだろうか?
向かって右上の小さな建物が、まさしくハイテクランドセガ五稜郭店や桃太郎が入っていたビル。
右下のやや大きな建物が、前述のジャンプの増設された入口だ。


だが、実際には五稜郭のゲームセンターは、着々と終焉に向かっていた。

真っ先に姿を消していたのは、ソアラだったと思う。
店構え(というより入居していた雑居ビル)はそのままに、居酒屋になっていた。
これはショックだった。自分が足繁く通っていたゲーセンの閉店に遭遇するのは、初めてのことだった。
つい先日まで気軽に立ち入ることの出来た場所が、突然無くなってしまった喪失感。
もはや扉を開けることも、裏口から出入りすることも、『ストリートファイター』で遊ぶこともかなわなくなった……。

そして、ハイテクランドセガ五稜郭店は、いつの間にかコンビニエンスストアのローソンになっていた。少なくとも、前述のジャンプの入口増設時には、すでにゲームセンターではなかったと思う。
こちらはコンビニだったので、何食わぬ顔で中に入ることはできた。しかし、それはそれでやはり店内のそこかしこに満ちあふれる、かつての思い出に浸ってしまう。
入口の数段の段差はそのままだし、店員のおじさんたちが立っていたカウンターはそのままレジになっていた。そういえば、あの店員のおじさんたちは、今どうしているのだろうか……?
奥の方は冷蔵庫が陳列され、往時よりも狭く感じられた。ここにはこんなゲームがあって……あそこにはあの大型筐体があって……トイレの位置は変わっていない……。
なまじ店内をくまなく見られるぶん、より寂しさが募ってしまう。

2階にあった桃太郎も、閉店はしていたはずだ。
ただ、ここは別のテナントが入ったわけではなかったのか、それとも閉店しておいて、そのままになっていたのか。
白い階段を昇ることもなくなったため、その後どうなったかの記憶は、さっぱりない。



そして、現在。


大きな地図で見る

あのビルがまるごと取り壊され、跡地にはマンションが建てられた。
1999年の航空写真では、まだ建物は健在だったが、Google Earthで見たところ2002年にはすでに取り壊しも完了し、マンションの建設が始まっていた。

もはやジャンプもハイテクセガ五稜郭跡地も桃太郎跡地も、みんな消え失せた。
感慨に浸ることすら許されぬぐらい、完膚なきまでに思い出の地は塗りつぶされた。

こうして、五稜郭のゲームセンターは終焉を迎えたのだ。


だが、五稜郭のアーケードゲーム文化が滅んだわけではない。
その近隣にある、大型店舗内のゲームコーナーは、まだ生き残っていた。そして、そのゲームコーナーは、後に五稜郭におけるアーケードゲームの中心店となっていく。
そのゲームコーナーについては、また後日触れることとしよう。


  1. 2013/06/01(土) 12:00:00|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

函館ゲーセン・メモリーズ【9】函館キャロットハウス(2)

今でこそ、学生も社会人も「週休二日制」が当たり前となってきている。
自分が子どもの頃は、週休二日制ではなく、土曜日にも当たり前のように授業があった。ただし午前中で授業が終わる、いわゆる「半ドン」であった。

最近のアンケートで、昔の子供たちが土曜日も学校があったことに対し、今の子供たちは「かわいそう」と思っているらしい、との結果が出ていた。
だがしかし、それは違う。
午前中で授業を終え、昼休みすらなく学校が終わった時の解放感には、格別のものがあった。
お昼ごはんまで含めて、午後は何をやってもいいという自由。これは丸一日休みのときには味わえない、胸が高鳴るような楽しさがあった。
函館でも冬を除けば自転車通学だったので、友人と連れだって自転車にまたがり、広い青空の下、公園を縦断する気持ちよさは今でも覚えている。


この頃、土曜日の放課後になると、だいたい美原地区に足を運んでいた。
以前も触れたがイトーヨーカドー長崎屋、そして函館キャロットハウスがあるこの一帯は、ゲーム好きの欲求を満たすのに十分すぎるほど充実した環境だった。
イトーヨーカドー地下のフードコート「ポッポ」で昼食を食べ、長崎屋の中古ゲームソフト店「チェリースタンプ」でゲームを物色し、その隣の「ミュージックショップ国原」でCDを探すのが定番コース。余裕があれば、函館名物のパーラーフタバヤのソフトクリームも食べた。
そして、準備を終えたらキャロットへ向かい、そこで心ゆくまでゲームを遊ぶのだ。

当時のキャロットは、まだテーブル筐体がフロアのほとんどを占めていた。
ただ、以前と違って壁ぎわにはモニタが垂直に立てられた、2in1筐体が並べられていた。ここには『ローリングサンダー』『スカイキッド』『源平討魔伝』『ワンダーモモ』などの、やや古いナムコゲームが中心に稼働していた。
テーブル筐体では、『メルヘンメイズ』『爆突機銃艇』『オーダイン』『プロテニス・ワールドコート』『フェイスオフ』『未来忍者』『フェリオス』『ロンパーズ』『ブラストオフ』『ワルキューレの伝説』『ファイネストアワー』『バーニングフォース』『デンジャラスシード』『マーベルランド』『球界道中記』『ピストル大名の冒険』『倉庫番DX』『ドラゴンセイバー』……当時を彩るナムコゲームは、本当に挙げていけばキリがない。
他社ゲームでは、『グラディウスII』(筐体を改造してテーブル筐体の上にステレオスピーカーが置かれていた)『コンバットスクール』『A-JAX』『シティーボンバー』『R-TYPE』『ルナーク』『大魔界村』『天地を喰らう』『ストライダー飛竜』『ドカベン(カプコンの野球カードゲーム)』等々。そういえば、なぜかTADの『カベール』が人気で、わりと長期間稼働していたことを覚えている。その続編の『ブラッドブラザーズ』も置かれていた。
大型筐体は『ウイニングラン』『ダートフォックス』『ウィニングラン鈴鹿GP』『フォートラックス』『ファイナルラップ2』などがあったはず。一瞬だけ『スーパースプリント』が入っていたことも覚えている。以前からあった『ポールポジション』は、気がつけば『3DサンダーセプターII』に生まれ変わっていた。

ここではひとつ笑い話がある。
壁ぎわの2in1筐体に、『リブルラブル』が入れられていたのだが、これがどうやら予想以上のインカムを得たらしい。
たしかに、自分含めけっこうな人が『リブルラブル』をプレイしていた。自分はちょうど当時、苦心して伝説の本「ALL ABOUT NAMCO」を入手し、そこに書かれていた攻略法を試すことができたのだ。
やがて、ここまでインカムがあるなら、となったのだろう。『リブルラブル』は入口のすぐ近くのテーブル筐体に“昇格”したのだ。
ところが、この時ツインレバーに使用したのが、なんと『アサルト』の純正コンパネ。
『アサルト』のツインレバーは、4方向にしか動かせない。これが『リブルラブル』において、いかに致命的なミスマッチであるかは、論を待たないだろう。
しばらくして、結局『リブルラブル』は消えてしまった。自分含め、誰かが店舗に進言していれば、まだ運命は変わっていたかもしれない……。


他にも函館キャロットハウスでは、数え切れないほどの思い出が生まれた。
だがこの頃、ほろ苦い経験もしている。

当時よくここに連れ立って来ていたのは、前にも書いた友人のKだ。
よく二人で遊んだりしていたものだが、函館キャロットハウスには「コミュニケーションノート」が置かれていて、そこにも二人でよく書き込んでいた。
今もゲームセンターによっては、このコミュニケーションノートの文化が残っているところもある。しかし、インターネットで手軽に交流が可能な今とは違い、当時はノートしか手段がなかった。
ノートに自分の思いの丈を書き、しばらくしてまた見ると、自分に対するメッセージが書かれている。当時は、たとえ時間がかかろうとも(むしろ時間がかかるからこそ?)、自分のメッセージがちゃんと読まれ、そこにリアクションがあることが、たまらなく嬉しかったのだ。

そしてこのノートを通じて、函館キャロットハウスを根城にする、ゲームサークルが存在することを知った。
自分の書き込みに返事をしてくれる人が、そのサークルの人のようであった。
もう名前も忘れてしまったが、7~8人くらいのサークルらしかった。うち一人は、当時のゲーム雑誌によくイラストを投稿していた、少し名の知れた方のようだった。
伝聞や仮定で書いているのは、じつはこのサークルの方々とは面識がないからだ。唯一、同サークルが発行した同人誌を購入した時に、サークルの一人と接触したぐらいか。
恐らく、遊んでいる時間帯が異なるのだろう。当時キャロットに行くのはだいたい土・日であったし、しかも生真面目に17時には家路に就いていた。仮に平日や、週末でも夜に活動していたのであれば、遭遇する機会は無きに等しい。


毎週土曜日、友人Kとキャロットのコミュニケーションノートに書く日々が続いたある日。
ノートの文面から、件のサークルが不穏な状態になっていることを知った。理由はもう覚えていないが、メンバー同士で対立しているようだった。
何もノートを使ってケンカしなくても……と思いつつも、前述の通りとくに面識があるわけでもなし、対岸の火事の体でノート越しにその状況を眺めていた。

しかし、ある日そこに思いも寄らぬ文章が書かれていたのが目に入る。
「GILくん、Kくんはウチ側についてもらいたい」

書き込んだのは、ノートで揉めていた人の一人だった。
たしかに、当時ノートを介してのみではあるが、そのサークルのメンバーとは交流があった。
しかし、こちらからサークルに入りたいなどと申し出たことは、一度もない。
そういった状況で、なぜ一面識もない人が、サークルの分裂騒動に我々を巻き込むのだろうか?
正直なところ、戸惑いしかなかった。これで、ゲーム雑誌で盛んに言われていた「ゲーセンで友達を作る」という夢から、醒めてしまったのだ。

以後、そのコミュニケーションノートを開くことは、なかったと思う。


そんなことがありつつも、キャロット通いは続けていた。
そもそもサークルの人々と来訪する時間帯が被らなかったのは、逆に幸いと言えるだろう。
翌春にクラス替えを迎え、Kともさほど頻繁につるまなくなっても、自分一人で週末はキャロットに行き続けていた。

そうして、高校生活の3年間が過ぎていった。


  1. 2013/05/19(日) 19:00:00|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

函館ゲーセン・メモリーズ【8】桃太郎

前回のソアラと、前々回のハイテクランドセガ五稜郭店
この2店舗が、五稜郭では当時人気のゲームセンターだった。

だが、五稜郭にはもう一軒、知る人ぞ知るゲームセンターがあった。
ハイテクランドセガ五稜郭店のすぐ上、ビルの2階にあった桃太郎だ。

なぜ「知る人ぞ知る」なのか。
それは、この店がある時期まで、まったく別業種だったからだ。
その別業種とは、「お好み焼き屋」。もともと「桃太郎」という屋号は、このお好み焼き屋時代からのものなのだ。
一度だけではあるが、お好み焼き屋時代に行ったこともある。ここでは人生で初めて、関西風のお好み焼きを食べた。
とはいえ、当時は昼食代をケチってまでゲーム費を捻出していた時代。お好み焼き屋時代に立ち寄ったのは、結局その一度きりであった。

その店が、いつの間にやらゲームセンターになっていた。屋号は「桃太郎」から変わらず。
元が飲食店と言うこともあってか、道路に面した側は全面ガラス張りとなっており、明るく開放感があった。
ここは「ソアラ」と同じくタイトー系のラインナップで、「ソアラ」同様の白い筐体で埋め尽くされていた。一方、ビルの2階でエレベーターもなく、搬入口もなかったことからか、大型筐体ゲームは一台もなかった記憶がある。
そうした面で、1階のハイテクセガとは棲み分けができていたのだろう。同じビルに違うゲームセンターが入っているというのも、今にしてみると珍しいことではあった。

ここのラインナップは、大型筐体抜きでもタイトーの黄金時代を象徴する、煌びやかなものであった。
『ガンフロンティア』『メタルブラック』『キャメルトライ』『チャンピオンレスラー』『メガブラスト』『デッドコネクション』『ダイナマイトリーグ』『苦胃頭捕物帳』『クイズH.Q.』『ハットトリックヒーロー』『ミズバク大冒険』『プリルラ』『カダッシュ』『キャメルトライ』etc.……。
他社タイトルでは、当時の大ヒット作『ファイナルファイト』などの他は、『ギャルズパニック』『タスクフォースハリアー』など渋めのタイトルが並ぶ。そういえば脱衣麻雀は見なかった気がした。
セガの作品が1タイトルも(『テトリス』ですら)なかったのは、さすがに1階を意識してのことなのだろうか。


ここがオープンしてからというもの、ハイテクセガから歩いて(階段を昇って)十数秒ということもあり、連日のようにハイテクセガとハシゴで通い詰めていた。
この頃のハイテクセガは、今までのテーブル筐体が徐々にエアロシティ筐体と入れ替わり、あわせてカプコンの『ロストワールド』『ストライダー飛竜』『ファイナルファイト』といった人気作が続々と稼働し始め、CPシステムが黄金期に突入したことを強く印象づけていた。
他にはセガの『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』『ジャンボ尾崎のスーパーマスターズ』『クイズ宿題を忘れました』『所さんのま~ま~じゃん』『ボナンザブラザーズ』『クラックダウン』『エイリアンストーム』、ナムコ『超絶倫人ベラボーマン』、タイトー『マジェスティックトゥエルブ』、テクノスジャパン『コンバットライブス』、データイースト『エドワードランディ』、アイレム『レジェンド・オブ・ヒーロー・トンマ』、ウェストン『モンスターレア』『オーライル』、ビデオシステム『スーパーバレーボール』『ハットリス』などが稼働していた記憶がある。
脱衣麻雀では『スケバン雀士竜子』『セーラーウォーズ』なんかが稼働していた。カウンターのそばにあった『ヘビーウェイトチャンプ』は、通信対戦版『パワードリフト』に入れ替わっていたが、大きくスピード感が損なわれていて仲間内では不評だった。


そして、この「ハイテクセガ五稜郭」と「桃太郎」で、個人的に共通する思い出。
それは“カツアゲ(恐喝)”だ。
とは言っても、どちらも今となっては笑えるエピソードである。

ハイテクセガの方は、夜近くで店内もだいぶ人がいなくなった頃だったか。見知らぬ男(同年代)が「よお、久しぶり!」と話しかけてきた。
まったく知らない人だったのだが、もともと人の顔を覚えるのが苦手だったこともあり、ここで「誰?」と聞き返すのも失礼にあたるかもしれない。
そこで、「知ってるふり」をして取り繕うことにしたのだ。しばし他愛のない会話で盛り上がる(?)。
そして、頃合を見て「ちょっとお金貸して欲しいんだけど……」と切り出されたのだが、それに対する自分の返事が「いいよ、いくら?」。
我ながらマヌケである。
一応、型どおりにトイレに連れ込まれたのだが、こちらは恐喝されているという意識がゼロだったので、(たしかに借金の話は聞かれたくないだろうけど、わざわざトイレにこもることもないだろうに……)とまで思っていたのだ。
ちなみに被害額は500円。なんとものどかな話だ。

桃太郎の方は、こちらは未遂の話である。
当時、雑誌の攻略記事を参考に『ファイナルファイト』を快調に進めていたところ、ちょっと年上とおぼしき男が隣の空き筐体の席に座り、「うまいねー」と話しかけてきた。
これも今だったら訝しむところだが、当時は雑誌記事のゲーセンで仲間を作ろう!みたいな啓蒙に、まんまと乗っかっていた時代。チャンスとばかりに、その男に対し『ファイナルファイト』の攻略について、こと細かに語り始めたのだ。
レバー上を入れっぱなしで打撃から投げにつながる、ソドムの攻略法、エディ・Eの吐き捨てたガムを拾うと体力大幅回復……実演を交えつつ、かなり長々と話したところで、おもむろにその男は立ち去り、それきり見なくなった。
なので、純粋に腕前を見て話しかけてきたのではなく、やはり何らかの別の意図があったのだろう。それがカツアゲかどうかはともかくとして……。


……と、まあそんな出来事もあったのだが、これらは高校生活3年間ほぼ毎日ゲームセンターに通っていた中の、たった2回のエピソードに過ぎない。
これしきで別段ゲーセン通いに影響が出るわけもなく、足を止めることもなかった。

こうして、帰宅部の青春の日々は過ぎていった。
しかし、“帰宅部の青春”にはもう一箇所、欠かせない場所がある。
それは、函館キャロットハウスだ。


  1. 2013/05/12(日) 23:59:59|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。