fc2ブログ

『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

新だの!旧だの!

ここんとこよくアーケード版『ドルアーガの塔』の設置店に行っては、基板が「新ver.」だの「旧ver.」だの書いてますが、そういやそのへんの話をまだ書いたことがなかったですね。

とはいえ、その違いを全部知っているわけではありませんが…。
自分が知ってるところでは、

【旧バージョン】
最初に『マッピー』基板のROM交換で供給されたバージョン。
遠藤発言いわく「インカムの悪くなったマッピー基板で(中略)2000枚のROM交換程度に売れればよい」ここの>>51を参照)とのことなので、恐らく2000枚程度の基板が存在?
バグがいくつか存在する。

【新バージョン】
『ドルアーガの塔』のあまりの人気に、『マッピー』基板のROM交換だけでは供給しきれなくなり、ついには基板そのものを生産したバージョン。
遠藤発言いわく「自社ロケだけで使う予定だったはずなのに、ヘタにインカムが高くなってしまったので、あろうことか基盤を再生産した」(これも上記リンクを参照)とのことなので、ナムコ系ゲーセン(キャロットなど)以外に供給されたのはすべてこのバージョン?
旧バージョンのバグがいくつか修正されている。

…こんなところでしょうか。


で、この「新バージョンで修正されたバグ」のひとつが、「ナイトを倒してエクステンドすると、そのナイトのグラフィックが残る」というものです。
このバグが発生すると、倒したはずのナイトがまた出現したり、TIMEの上2ケタが表示されなくなったりという現象も起きますが、さっさとクリアしてしまえば以後とくに不具合は起こりません。

これを利用し、6階クリア時にスコアを47000点以上50000点未満にしておき、7階でブルーナイトを倒してエクステンドすれば、その基板が新ver.か旧ver.かをカンタンに見極めることができるのです。

とはいえ、正直なところ個人的にはどっちのバージョンでもいいんですけどね。
遊ぶぶんには変わらない気がしますし。


ちなみに、Windows95版『ナムコヒストリーVOL.2』収録の『ドルアーガの塔』は、オプションでバージョンの切り替えができたりします。
しかし、WindowsXPの“互換モード”って、便利ですね…。
スポンサーサイト



  1. 2010/09/05(日) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2