fc2ブログ

『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

函館ゲーセン・メモリーズ【5】函館キャロットハウス(1)

いよいよ、この店について書くときが来た。

函館ゲーマーの聖地。
それが函館キャロットハウスだ。


この店が聖地と呼ばれる理由を知るには、まず1980年代のナムコが、いかにゲーマーに神聖視されてきたかを知らねばならない。

斬新な発想に基づく、質の高いゲームの数々。
筐体から流れる、重厚なハーモニーと幻想的な楽曲。
時に愛らしく、時にカッコ良く、時に笑える魅力的なキャラクターたち。
真似してノートに何度も何度も描き写した、素晴らしいデザインのロゴ。
それらを元にしたキャラクターグッズの数々。
そして、ファンと直接コミュニケーションを図ってきた、無料配布の季刊小冊子「NG」etc.……。
そうした他に類を見ない試みの数々が、奇跡的に(あるいは必然的に)同時期に折り重なったことは、「ナムコ」というゲームメーカーを特別な存在に位置づけるに十分すぎる理由だった。

「キャロット」という店名も、またナムコらしさの一環だろう。
『スペースインベーダー』を契機に、人が集まることとなったゲームセンター。そこには、招かれざる客も来ることとなり、結果として「不良の温床」などという汚名まで被ることとなった。
そうした負の印象を払拭するため、ナムコは直営店舗に「キャロット」という名前を使い、かわいらしいニンジンのイラストとともにイメージ転換を図ったと思われる(ラジオCMでは「パステルなゲームスペース」というキャッチコピーが付けられていた)。


初めて函館キャロットハウス(以下キャロット)に来たのは、前述の小冊子「NG」を手に入れるためだった。

小学何年生の頃かは忘れたが、青函連絡船に乗って青森まで行った際、たまたま立ち寄ったデパートの玩具売り場で、たまたま置かれていた「NG」を手にしたのが、今にして思えば運命的だった。
この「NG」を、友達同士で回し読みし、やがて「イトーヨーカドー函館店の向かいにあるゲームセンターにも、これが置いてある」という情報を聞きつけることとなった。

初めて行ったキャロットは、『ポールポジションII』『スターウォーズ』が並んで置かれていた。
窓際にはパンチングマシーンの『ノックダウン』、壁ぎわにはアタリの『ガントレット』もあったと思う。
テーブル筐体には、『ギャプラス』『モトス』『バラデューク』といったナムコゲームが、さも当然といったように並んでいた。
そうした光景も、ときめきを感じさせるには十分な材料だった。

だがそれ以上に、キャロットという空間の居心地の良さに、安堵をおぼえていたのかもしれない。
道路に面した側は一面のガラス窓で、格別の開放感があった。
奥のショー・ウィンドウには、下敷きやキーホルダーなどのナムコオリジナルグッズが多数並べられていた。
カウンターには前述のNGやチラシ等のほか、いわゆるコミュニケーション・ノートも置かれていた。
マッピーのイラストが描かれたメンバーズカードを店員さんに見せると、スタンプを押してもらえた。
ところどころに置かれた観葉植物や、床の市松模様に至るまで、それらすべてに温かみの感じられる、特別な空間だったのだ。


しかしキャロットは、自宅からはかなりの距離があった。
もちろん、平日の放課後に行くことなどほぼ不可能なので、通い詰めることなど叶わない。行くことができたのは週末、それも当時土曜日は「半ドン」であったため、おもに日曜日ぐらいだった。
その分、行くと決めたら朝一番に乗り込むこともあった。
10時30分のオープン前、ニンジンのイラストが描かれたシャッターの前で待ち、開店と同時に店内に突入。『グラディウス』が起動時に流す「バブルシステム・モーニング・ミュージック」を聴くことが、マニアならではの密かな愉しみだった。

それからほんの数年のうちに、数々の思い出が、キャロットで生まれていった。

新製品沙羅曼蛇の専用筐体(コンパネ部分にステレオスピーカー付き)が入荷され、その画面の美しさと音の広がりに感動を覚えたこと。
カウンターに置かれていたイシターの復活の最短ルート冊子「ザ・リターン・オブ・イシター号外」に、驚嘆しつつ釘付けとなったこと。
3DサンダーセプターIIのスコープ越しの3D表現に、度肝を抜かされたこと。
少ない小遣いをやり繰りして、初めてのナムコグッズマッピー下敷きを購入したこと。
パックマンのイラストコンテスト」や「クエスターの面アイディアコンテスト」に、絵心もないのに自信満々で応募したこと。
ナムコが提供していたラジオ番組斉藤洋美のラジオはアメリカンのイベントが、棒二森屋の屋上で行われ、その時に撮影された写真がキャロットに展示されていた(希望者は購入もできた)こと。
受験を控え、塾に通うようになってからも、たびたびサボタージュの果てにキャロットに立ち寄っていたこと。
降りしきる雪をかき分けてドアをくぐり、暖かい店内で見るギャラガ'88の星空が美しかったこと……。


雑誌Beepを毎月購読し、急速にテレビゲームにのめり込んでいった10代前半。
後先考えずに買った新明解ナム語辞典を読みふけり、日曜深夜にラジアメを聞いていたナムコ漬けの日々。
その中において、函館キャロットハウスは間違いなく、重要な位置を占めていたのだ。

≪(2)につづく≫


ザ・リターン・オブ・イシター号外
▲当時キャロットにて無料配布されていた「ザ・リターン・オブ・イシター号外」。“イシター復活推進委員会”なる組織の作だが、おそらくナムコ自身が作成・配布したのでは……?


スポンサーサイト



  1. 2013/01/30(水) 23:59:59|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

函館ゲーセン・メモリーズ【4】ダイエー湯川店のゲームコーナー

湯の川といえば、函館市外の方にとっては温泉地として知られているかもしれない。
だが、地元民にとって湯の川とは、ごく普通の町という印象がある。
実際、地元民はそんなに頻繁に温泉に入るわけでもなし。函館市電(路面電車)の終点と、函大付属有斗高校(野球部が強いことで知られる)があるという、ありふれた町のひとつでしかない。

ここに、ダイエー湯川店というスーパーがある。
地上2階建て、元は「ホリタ」という系列の店舗で、1967年からある店舗だという(調べたらWikipediaに項目があって驚いた)。
中も生鮮食品や書店、文房具屋などが並ぶ、これまたごくありふれた地域住民御用達のスーパーだ。

しかし、ここにあるゲームコーナーのラインナップのマニアックさは、幼少時に強烈な記憶を刻みつけてくれた。
そのマニアックさを書いてみたい。


元々は、地方スーパーによくある、非常にこぢんまりとしたゲームコーナーだった。
最初に見たときは、2階の昇りエスカレーター付近の小さなスペース。
テーブル筐体が数台と、休憩用のベンチに灰皿。買い物中の母親が子どもを遊ばせ、買い物中の妻を待つ夫がヒマをつぶすような場所だ。

この時に見た記憶のあるゲームは、アルファ電子の『将棋』『ジャンピューター』など、やはりありふれたラインナップ。
しかし、その中に当時まだ名の知られていないカプコンの、アーケード第1作『バルガス』があるなど、今にして思えば当時からマニアックな気質の片鱗を感じさせていた。
(『バルガス』を見たと言うことは、1984年時点での話である。)


その後、1985年頃に、このゲームコーナーはグッと増床される。
エスカレーターを昇って左の斜め前に、テーブル筐体が20台以上並ぶほどに拡充された。
通路を挟んで反対側(エスカレーターで昇った正面)には、子供向けの遊具(いわゆる木馬)が並び、ちょっとした遊園地状態に発展したのだ。

そのゲームのラインナップだが、これが新旧取り混ぜてカオスなものとなっている。
古いところでは、『バイオアタック』『アルペンスキー』『ポートマン』『ジャングルキング』『エレベーターアクション』『ワイルドウェスタン』『タイムトンネル』『ロッククライマー』……といった、当時(1985年頃)から見ると時代遅れのゲームが並んでいた。……記憶の糸を辿るとタイトー作品ばかりであることから、そういう方面からまとめて入荷したのだろうか。
他にはSNKの『ラッソ』なんかも記憶に残っている。

さらには、『ギャラクシアン』『パックマン』『タンクバタリアン』純正アップライト筐体も並んで置かれてた。
今考えると、非常に貴重な光景が見られたことになる(しかし当時は、やはり大音響で爆音を鳴らす『タンクバタリアン』が怖くて、ほとんど近づけなかった)。

一方で、新作・人気作もまた積極的に入荷されていた。
『ソンソン』『空手道』『イー・アル・カンフー』『ドラゴンバスター』『ディグダグII』『エグゼドエグゼス』『バラデューク』『テディボーイブルース』『戦場の狼』『ごんべぇのあいむそ~り~』『青春スキャンダル』『イシターの復活』『源平討魔伝』『アレックスキッド ザ・ロストスターズ』『ダブルドラゴン』etc.……。
80年代中盤を代表するゲームは、軒並み置かれていた記憶がある。
変わったところでは、大型筐体の『スーパースピードレースJr.』『バギーチャレンジ』なんかも設置されていた。

そして、1986年には、あのアウトランまで入荷されたのだ(もちろん稼働筐体で)。
『アウトラン』は当時の友達同士で話題となり、とくにそのBGMはゲーム・ミュージックに目覚めていた者にとって、驚嘆すべきクオリティであった。
さっそく同店にラジカセを持ち込み、生録に挑む者まで現れ、そのカセットテープは仲間内でまわし聴きされていった。
折りしも同年は雑誌「Beep」にて、『スペースハリアー』や『カルテット』などのBGMが収録されたソノシートが付属。それは世のゲーム小僧たちに大きな衝撃を与え、後のゲーム・ミュージックの隆盛につながる確かな礎となったのだ。


閑話休題。

そんな一介のスーパーのゲームコーナーとは思えないこだわりを見せていたダイエー湯川店ではあったが、隆盛は長くは続かなかった。
80年代の終わりには、2階の広々としたスペースを追われてしまう。
移転先は2階からさらに上。屋上駐車場と店内を結ぶ階段のある、ほんのわずかなスペースに追いやられた。冬ともなると、屋上駐車場に人が出入りするたびに、ドアから冷気が流れ込んでくるような悪条件で、明らかにゲームには向かない場所である。
それでも、末期には大型筐体ゲームの『エンフォース』が置かれていたこともある。このチョイスもまたマニアックなものだったが、それもやがて電源が切られたまま放置されるようになり、ゆるやかにその役目を終えていったのだ。


大きな地図で見る

1980年代の中盤という、アーケードゲームの技術が飛躍的に向上し、大きく発展していった黄金期。
そのわずか数年間を、独自のチョイスで鮮やかに切り取っていき、瞬く間に燃え尽きていった。
ダイエー湯川店のゲームコーナーは、そんな遊び場だった。


  1. 2013/01/21(月) 23:59:59|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

函館ゲーセン・メモリーズ【3】イトーヨーカドーのゲームコーナー

函館にイトーヨーカドーと長崎屋が出来たのは、80年代の前半頃だったと思う。

そのときの函館市民の歓迎っぷりは、すさまじかった。

なにせ、コンビニなんてものもない時代。買い物といえば、生鮮食品を売るスーパーか、高級なイメージのあるデパートぐらいしか選択肢がなかった。
そこに、広々とした店内に家電も洋服も生鮮食品もあって、本もおもちゃもレコードもあれば、ちょっとした食事もできる「ショッピングモール」的な店舗の出現は、一種のカルチャー・ショックと言えた。
当時は連日、「オープンまであと○日お待ちください」というカウントダウンCMが流されていたあたり、市民の期待がうかがえよう。

イトーヨーカドーと長崎屋は、ほぼ隣り合って建てられており、どちらも同じように市民に愛されていた(余談だがイトーヨーカドーは、元は「ショッピングセンターいちい」という店舗のあった場所に建てられ、ビル名も「イチイビル」という)。

だが、アーケードゲームに限って言えば、イトーヨーカドーの方が充実していた。
長崎屋にもゲームコーナーはあったが、正直あまり印象に残っていない(80年代に『ハイパーオリンピック』で鉄定規を使っている人を見たことと、90年代にセガの『レーシングヒーロー』が置かれていたぐらいしか記憶がない)。
そして長崎屋は、現在MEGAドン・キホーテ函館店へと変わってしまった。

今回は、イトーヨーカドー函館店(以下「ヨーカドー」)のゲームコーナーについて書いてみる。
ヨーカドーのゲームコーナーは、地下1階から2階まで、時期によりさまざまに流浪してきたのだ。



地下1階の時代(1980年代)

一番冷遇されていた時期にして、一番古い記憶では、なんと言っても地下1階の階段の下、普通だったら物置にしか使われないようなスペースに置かれていた時期だろう。
記憶の糸をたどりつつ、先日その跡地を写真におさめてきたのが、コレ。


イトーヨーカドー函館店の階段下

この右側の除雪用具のある奥の部分。
当時は仕切り的なものも何もなく、ただ階段下のスペースにテーブル筐体が何台か置かれていたのだ。


イトーヨーカドー函館店の階段を斜め上方から

斜め上方から見たところ。
右側の踊り場部分の下に、ゲームが並べられていた。

階段の真下なので天井も低く、頭をぶつけないようにかがみながら、数台のテーブル筐体に向かい合う人々。端から見てると、まるで苦行のような状況だったが、それでも当人達は楽しんでいた。
ここには『ルート16』があったことを覚えているが、他のゲームに関してはまったく記憶がない。


次に、同じ地下1階の、今度は店の一画にちゃんとしたスペースが設けられ、そこに移動した。
ゼビウスの銀色ポスター(「ゼビウス感覚…」というキャッチコピーが書かれていた)が飾られ、オレンジ色の小さなアップライト筐体に『ニューラリーX』『アタック・オブ・ザ・UFO』『バーニンラバー』『クレイジーコング』といったタイトルが置かれていたのは覚えている。

しかし、ここで一番よく遊んだのは、子供向けのメダルゲーム機動戦士ガンダムだろう。
ルーレットを回して、\ガンダムー/ とぅるっとぅるっとぅるっ、とか遊ぶアレだ。
子供にとっては、それぐらいが怖がらずに、飽きずに遊べたのだろう。当時のビデオゲームは、やはり子供にとっては異世界のものであった。

この場所での営業は長く続いたようで、その後『アフターバーナーII』のシングルクレイドル筐体が置かれ、子供がお金も入れず無邪気に操縦桿をガチャガチャやっていたのを、注意してどかして遊んでいた記憶も、おぼろげながらある。


1階の時代(1990年代)

その後、90年代前半ごろになって突如、1階の大通りに面したガラス張りのスペースに進出した。
というのも、一介のゲームコーナーではなくなり、セガの系列テナントセガワールド函館が入居したのだ。

当然ながら、ここではセガのゲームが充実した。
『パワードリフト』『ダークエッジ』、アーケード版の『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などが置かれていた記憶がある。
『ラッドモビール』『バーチャレーシング』『アウトランナーズ』なんかは、この店で初めて遊んだ。
また『バーチャファイター』なんかもここで見て、衝撃を受けたものだった。

個人的には、ここで『アウトランナーズ』をひたすらやり込んでいた。
裏ワザで、左右の選曲ボタンを同時に押すと「ジングルベル」が流れるのだが、クリスマスイブにそれをBGMにして遊んでいた……なんて思い出もあったりもする。

ほかにも子供用の遊具などもたくさんあり、親にとっては買い物に連れてきた子供をここで遊ばせておき、中高生はこの近辺にはない大きなセガの直営店として遊ぶ。
まさにゲームセンターとして、理想的な状況にあったのだ。
この頃が、一番輝かしい時期だったと言えるだろう。

しかし、90年代半ばには自分が地元を離れてしまったこともあり、その後の顛末は不明瞭だ。


2階の時代(2000年代?)

次に見たときには、すでに2階のわずかなスペースに追いやられていた。

恐らく、セガがテナントから撤退したのだろう。
窓際の広々としたスペースはファーストフード店となり、ゲームはほんのわずかな筐体が、2階で稼働するのみだった(それでも『バーチャファイター4』が稼働していた記憶はある)。


現在も、ヨーカドーのゲームコーナーは、2階で営業を続けている。
ゲームは『太鼓の達人』『マリオカート アーケードグランプリ2』などが設置され、他にはプライズマシンが並べられている。

かつての「親が買い物に連れてきた子供を遊ばせておく場所」という役割は残ってはいるものの、もうひとつの「中高生が最新ゲームを遊ぶ」という場所では、もうなくなってしまった。
しかし、それでもイトーヨーカドー函館店がオープンしてから続いているとおぼしきゲームコーナーは、今もその歴史を途絶えることなく、子供達に遊びを提供し続けているのだ。


大きな地図で見る

イトーヨーカドー函館店の大通り沿いのガラス張りスペース。
この内側がすべてゲームコーナーだった時期もあったが、もはや遠い昔の話……。


  1. 2013/01/14(月) 23:59:59|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京ドルアーガ事情@2013年1月

さて、2013年も変わらず、ドルアーガの塔を1コインクリアし続けていくわけですが。

とりあえず、

通算77回目@高田馬場ミカド

1月6日、高田馬場ミカドにて通算77回目、同所では通算22回目の1コインクリア。


通算78回目@ウェアハウス川崎

1月13日、ウェアハウス川崎にて通算78回目、同所では通算5回目の1コインクリア。



そんなわけで、今日はひさしぶりに川崎まで行きました。
ウェアハウス川崎に今もドルアーガの塔があるのか、確認しに行ったのですが……今も無事稼働しておりました。
得点が130万を超えてますが、これは5機設定だからですね。1コイン2クレジット設定なので、練習をするにはもってこいかと思われます。


そして、今年最初の東京ドルアーガ事情です。

東京ドルアーガ事情@2013年1月

あちこちでけっこう動きがありました。

Heyでは長いこと不動の位置から移動し、2階カウンター横にある自動販売機の並びになりました。とはいえ、あまり大きく位置は変わっていません。
クラブセガ秋葉原新館も、今までの真正面の位置に移動しました。こちらもそれほど大きな変動ではありません。
高田馬場ミカドは、2台目が調子が悪いそうで、現在ふたたび1台体制に戻っております。基板はNEWバージョンでした。


まあ今年は1コインクリア通算100回を第一目標にするとして、あとはタイムアタックで良い成績を残したいですね~。
最近、ちょくちょくストップウォッチを使ってタイムを計測していたりするんですが、そういう時に限ってだいたい途中でゲームオーバーになったりしますけど……。
もっともっと上手くなりたい。ドルアーガの塔は、今でもそんなことを思わせてくれるゲームです。


  1. 2013/01/13(日) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年最初だから『ジュノファースト』

新年あけましておめでとうございます。
本年も『ドルアーガの塔』研究室および当管理日報をよろしくお願いいたします。


さて、新年の挨拶はそこそこに。
今回はジュノファーストという、コナミの1983年製のシューティングゲームについて書いてみます。



いやー、しかし我ながら無知でした。
このゲームのことをまったく知らなかったのですが、Wikipediaにも項目がありますし、MSXやコモドール64にも移植されてたんですね。
この前後の『スクランブル』『ジャイラス』『タイムパイロット』なんかは知ってたのですが…。

で、今月はナツゲーミュージアムに置かれているので、遊んでみました。
最初はそのスピード感や、自機の強力そうなビームに目が行き、大音量なのでサウンド(特にステージ開始時の効果音)に惹かれていました。
しかし、遊んでいるうちに、その独特のゲーム内容が面白いと気づいたのです。
これは隠れた傑作なのでは? と思い(自分が知らなかっただけですが)、今回記事を書いてみようと思いました。


具体的には、固定画面ながら前進・後退が可能なところがポイントです。
各ステージ毎に制限時間があり、面クリア後のボーナスにも関わってくるので、高得点を目指すのなら前進しっぱなしにするのが基本となります。

ゲーム自体は『ギャラガ』や『ギャプラス』などのように、前方(やや俯瞰視点なので、「上方」というよりは「前方」です)から敵が攻めこみ、弾も飛ばしてします。また、後方に逃げていった敵は、やがて再び前方からやって来ます。
しかし、自機は前進・後退が可能なので、前進すれば敵は速く迫ってきますし、後退すればむしろ過ぎ行きた敵や弾を逆に追い越すことすら可能です。
つまり、撃ち漏らした敵も後退して追い抜き、撃ち落とすこともできます。

これだけだったら、ちょっと変わった固定画面シューティングで終わるところですが、このゲームは4面まで進み、「誘導弾」(?)が出るようになってからが本番です。
誘導弾は普通の敵弾と違い、自機を追いかけてくる上、前進・後退でも振り切れないほどスピードが速いのです。
そのかわり、自機のビームで破壊することが出来るので、後退して誘導弾を自機の前方に持ってきて破壊することが必然のテクニックとなってきます。


というわけで、普通の敵弾と誘導弾が混在する中、前進・後退を繰り返し、敵や敵弾を追い抜きつつ破壊するという、このゲーム唯一無二のスタイルが確立されているのです。
「来る弾を避ける」のがシューティングゲームの基本的要素ですが、このゲームでは逆に「来る弾を追い抜いて回りこんで避ける(または破壊する)」というところに、独特の戦略と快感があると言えるでしょう。

他にも、編隊攻撃や捕虜救出によるボーナスタイム、面に3回使えるワープなどの要素もあり、非常にアツいゲームだと思います。
ちょっと遊べる手段は数少ないと思いますが、これは是非ともいろんな方に遊んでほしい作品です。


  1. 2013/01/12(土) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0