『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ドルアーガ論・12】TODを褒めよう――“ファンタジー”との遭遇

IN ANOTHER TIME
IN ANOTHER WORLD...


 『ドルアーガの塔』の、有名なストーリーの出だし部分である。
 なんとなく、映画『スター・ウォーズ』の有名な序文「A long time ago in a galaxy far,far away....」を想起させるが、デモ画面で表示されるわずか13行のストーリーに、当時のプレイヤーの誰もが魅入られ、さまざまに想像を膨らませたのは『スター・ウォーズ』と同じ…としても過言ではない。


 このゲームが今もなお根強い人気を誇っている大きな理由に、そのストーリーが挙げられるのは異論のないところだろう。
 当時公開されたストーリーは、大まかに書くとこのようになる。

 ――今とは別の時間、別の世界。人々は神を敬い、愛と戦いの女神・イシターに仕える巫女の信託により、王国は栄えていた。
 空の神アヌは天上界に“ブルー・クリスタル・ロッド”を置き、その輝きが愛と平和をもたらしていた。

 しかし、“ブルー・クリスタル・ロッド”を狙った帝国が王国に攻め入り、王国は壊滅。帝国は天上界の“ブルー・クリスタル・ロッド”に届くような塔を造りはじめ、塔が高くなるにつれ“ブルー・クリスタル・ロッド”の光が遮られ、王国にロッドの輝きが届かなくなってしまう。
 そして、女神イシターに封印されていた悪魔“ドルアーガ”が、復活を遂げてしまった。

 アヌ神は帝国を戒めるべく、雷を落として塔を崩落させる。そして、神々は人間を見限ってしまう。
 その隙にドルアーガは、その魔力で塔を修復し、天上界から“ブルー・クリスタル・ロッド”を盗み出し、塔の崩落で死んだ帝国軍の軍勢を、モンスターとして塔の中に放ち、“ブルー・クリスタル・ロッド”を封印して塔にたてこもった。

 王国の王子・ギル(ギルガメス)と、巫女・カイは恋人同士であった。
 ギルは奴隷となり、塔建造の人夫として働かされていたが、塔の崩落時に岩の下敷きとなってしまう。王国の再建を目指す二人を、唯一見守っていた女神・イシターは、カイに魔法のティアラを授け、ドルアーガを倒すために塔へ遣わせた。
 しかし、カイはドルアーガの魔力に屈し、捕らわれの身となってしまった。

 ギルはおおいに嘆いたが、その声を聞いたアヌ神は、ギルに勇気を力に変える黄金の鎧を授けた。
 ギルは、カイを救い、“ブルー・クリスタル・ロッド”を天上界に戻すため、ドルアーガの塔へ挑んで行く――


 この物語(実際にはもっと細かい)は、当時のナムコ発行の季刊誌「NG」に掲載され、のちにゲーム雑誌や攻略本でも紹介されることとなる。
 遠藤雅伸の前作となる『ゼビウス』において、シューティング・ゲームのバックボーンにSF小説「ファードラウト」を書き上げたことは、当時すでに話題となっていた。
 そして、この『ドルアーガの塔』においても、それまでのゲームとは比較にならないほど濃密な世界が詰め込まれていたのである。

 「お姫様がさらわれた。あなたは勇者になり、お姫様を助けよう」という、ありきたりな定型に到底収まりきらないストーリー。
 『ゼビウス』の世界に多くのプレーヤーが惹き込まれたのと同様に、その背景に広がる広大な世界に、またしても多くの人々が魅入られることとなったわけだ。


 また、このゲームのポスターが『ドルアーガの塔』という世界に惹き込むための、強烈な色香を放っていた。
 ジオラマとイラストを組み合わせた、アメリカン・コミックスのようなデザインは、あのドット絵から想像を膨らませるに十分過ぎるほどの燃料となった。
 とりわけ、ポスターの左下で救いを待つカイのイラストに、どれだけ多くのプレイヤーが奮い立たされただろうか。

 さらに、さりげなくゲームの進行方法が学べるようになっているなど、単なるゲームの告知に留まらない洗練された優れたデザインが、ひときわ異彩を放っていた。
 同デザインは、ナムコ製グッズの下敷きやポストカードにも使われ、ナムコ直営店にて販売されていた(また前述のNG誌でも通信販売を行っていた)。これらはコレクターズ・アイテムとして、現在も復刻版が登場したり、当時の品物がオークション・サイトで高値で取引されるなど、根強い人気がある。

 また、ポスターの右下に何気なく書かれた文字「TO BE CONTINUED」…これは「つづく」という意味。
 つまり、このゲームはこれで終わりではない、やがて何らかの形で続きがある…それはゲームとしての続編かもしれないし、小説など他のメディアに場を移すのかもしれない。
 あるいは…という風に、わずか十数文字の言葉に、プレイヤー達はさまざまな可能性を議論し、夢を膨らませた。


 そして、この物語は多くのプレイヤーにとって、“ファンタジー”という世界に触れる端緒ともなっている。
 1984年当時、いわゆる「剣と魔法の世界」を舞台にしたゲーム『ウィザードリィ』『ウルティマ』『ダンジョンズ&ドラゴンズ』などは、日本でもプレイされてはいた。しかし、それらはごく一部の限られた趣味人による、極めてマニアックな遊びに留まっていた。
 「剣と魔法の世界」は西洋のおとぎ話でしかなく、『ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)』も今とは比べものにならないほど、マイナーな存在に過ぎなかった。

 そこに遠藤雅伸が、バビロニア神話を元に西洋ファンタジーのテイストを存分に盛り込んだ、独自の設定による“ファンタジー”を構築。
 それは当時のプレイヤーたちに、ギリシャ神話とも異なる幻想的な世界を垣間見せ、カルチャーショックを与えた。
 後に続編でさらなるストーリーが紡がれ、やがては“バビロニアン・キャッスル・サーガ”という神話となり、多くの人々に篤い支持を受けた。
 さらには2008年という世の中に、原典の発表からじつに24年後もの歳月を経て、地上波アニメやオンラインRPGというメディアに至ったのは、その練り上げられたストーリーや世界に由るところが大きいと言えるだろう。


 『ドルアーガの塔』が世に出てから、すでに四半世紀が過ぎた。
 忘れ去られたゲーム、「名作だったなぁ」としみじみ振り返るゲームは数あれど、『ドルアーガの塔』は今もって熱狂的なファンたちに、深く愛され続けている。

 こんな作品、そうはないだろう。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/29(水) 23:59:59|
  2. ドルアーガ論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://druagato.blog117.fc2.com/tb.php/102-9cfb5a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。