『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

函館ゲーセン・メモリーズ【1】名も無き店の記憶

自分には年の離れた兄がいる。
自分より一足先に大人の世界を垣間見ていた兄からは、さまざまなカルチャー・ショックを受けた。
テレビ番組しかり、音楽しかり、深夜ラジオしかり。

ゲームもそうだった。
インベーダーの体験では、さほど食指を動かされなかったのに、今ではこうなってしまったのも、兄の影響と言えよう。
兄が家に遊びに来た友達と語るゲームの話。ときに効果音の口真似を交えての話に、小学生だった自分は未知の世界を感じて、すっかり虜となったのだ。


どういう経緯かはすっかり忘れてしまったが、ついには兄にそのゲームが置かれる建物に、連れて行ってもらえることになった。
生まれて初めての、ゲーム・センター来訪。
記憶では、たしかそこは元々ポケバイのサーキットだったらしい。
廃業後、事務所の小屋にゲームが置かれ、ゲーセンとして営業していたようだ。
店名なんか、最初からあるのかどうかも怪しかった。

その店に置いてあったゲームのラインナップは、今でも克明に覚えている。
『クレイジーバルーン』
『ポラリス』
『ルパン三世』
『侍』
そして……。


だが、その中で遊びたいと思ったものは、ほとんどなかった。
兄たちがよくメロディを口ずさんでいた『ルパン三世』は、どこをどう見てもルパンに見えなかった。
『ポラリス』のスピード感や、『クレイジーバルーン』の無表情な顔オブジェクトなんかは、もう恐怖の対象だ。
極めつけは『侍』で、デモ画面で「侍」の漢字が真っ二つにされて色が反転するのは、もはや脅かしにかかってるとしか思えない。あのデモにビクビクしていたことは、後々まで兄に笑いのネタにもされたくらいだ。


そんな中、唯一強烈に惹きつけられたゲームがあった。
ギャラクシアンだ。

このゲームの前には、恐怖心よりも先に、あまりに別次元の美しさに心を奪われてしまったのだ。
カラフルなキャラクター、背景で瞬く星空。
もう一目で虜になった。
兄たちが他のゲームで遊んでいる中、自分はひとり『ギャラクシアン』をずっと見つめていたのだ。


そして、これがきっかけで、人生で初めての小さな罪を犯した。
場所を覚えた自分は、いつか『ギャラクシアン』で遊んでみたいと思うようになった。
その欲求は日に日に強くなる一方で、ついには一人で足を踏み入れることを決意した。
そして、その資金確保のため、「お使いのお釣りを誤魔化す」ことを画策したのだ。

近隣のスーパーで、母に言いつけられ大根を買った帰り道。
帰路からはだいぶ外れた、質素な小屋に向かう。
中にはやはり、兄と同年代の中学生が屯していた。
何か囃すようなことを言われた気もしたのだが、自分の意識はすでに『ギャラクシアン』にすべて向けられていた。
買い物袋を床に置き、恐る恐る100円玉を筐体に入れる。

ゲームは惨敗もいいとこ。
そもそも、飛来してくるエイリアンの前に立ちはだかることが、怖くて仕方ない。
上空で待機するエイリアンばかりを狙い、飛んでくるのは徹底無視。最後の総攻撃で泣く泣く立ち向かったのだと、多分思う。
恐らく2面がいいとこだったのではなかろうか。
すべてが終わったあとは、逃げるようにその小屋を後にした。


その小屋に行ったのは、それが最後だった。

しばらくして、ポケバイサーキットの跡地だけあって広かったその土地で、宅地造成が始まったのだ。
もちろん小屋は跡形もなくなり、今では最初からそうだったかのように住宅街が広がるのみ。
だが、その地が自分にとっては紛れもない、初めて遊んだゲーセンのある場所だったのだ。


ちなみに、釣り銭を誤魔化したことは、おそらく母にはバレていたと思う。
計算が合わないことを聞かれても、「知らない」「買い物袋を振り回してたから、どこかで落ちたのかも」と白々しい言い訳に終始していたので、薄々感づいてはいただろう。
かといってそのことを深く追求されるでもなかったし、その後自分がそうした手段でゲーム代を工面することもなかった。

初めてのゲーセンは、小さな罪の苦みとともに。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 23:59:59|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://druagato.blog117.fc2.com/tb.php/157-c2451212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。