『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

函館ゲーセン・メモリーズ【2】ボーニストア花園店のゲームコーナー

函館駅前に、棒二森屋というデパートがある。

函館は長く、それこそ戦前から、この棒二森屋と、五稜郭付近の丸井今井(札幌にもある同店の支店)が「2大デパート」として親しまれてきたという。
他にも和光、テーオー小笠原、函館西武、さいか、ホリタ(後のダイエー五稜郭)等々デパートは多々あったが、いずれも浮き沈みの果て往時の面影も今はなく、現在も威光を放ちつつ市民に慕われているのは、棒二と丸井のふたつだけだと言えよう。

この両店にもゲームの思い出はあるのだが、それは別の機会に語ろうと思う。


棒二森屋は、かつてスーパー形態の「ボーニストア」を何店か経営していた。
そのうちのひとつが、ボーニストア花園店。花園町、という可憐な名の町に、そのスーパーはあった。
ここには家族に連れられ、何度も足を運んだことがある。
そのたびに、自分は決まって2階にあるゲームコーナーに足を運んでいた。
動く歩道のようなスロープに乗って、2階へ向かう時のワクワク感。
円い窓が宇宙船のようで、よく外を覗きながら昇っていったものだ。


ここでは、ひとつ運命的な出会いを果たしている。

ここはテーブル筐体が何台も置かれていたものの、奥は大きな窓がついており、時間帯によっては強烈な日差しが射し込むため、しばしばゲームの妨害となっていたおぼえがある。
そんなこともあってか、ここでゲームで遊んだ記憶はほとんどない。
恐らくインベーダーの頃の恐怖心もあったのだろう。少なくとも子供の頃は、ゲームといえば見るもの、であった。

ある時、買い物に連れられて来店し、いつものように一人ゲームコーナーに足を踏み入れる。
ふと奥を見ると、何やら人だかりが見えた。
当時の自分にとってはお兄さん連中、恐らく大学生くらいではなかったかと思う。

「何やってるんだろう?」

そんなシンプルな疑問に、子供の体は後先考えず、勝手にそちらに足が向く。
そこで見た光景は、今も脳裏に焼き付いているのだ。

レンガの敷き詰められた茶色いフィールドを歩く、黄色と青の人間。
横一直線にいくつも並ぶ、灰色の壁。
下方の地面に置かれた、赤い宝石の乗った台。

今ならどうやっても見間違えない、ドルアーガの塔の60階だ。

たぶん、順調にエンディングまでの道を歩んでいたのだろう。
赤い宝石の台は、立てられたレッド・クリスタル・ロッドだ。

しかし、ここでなぜか大きな思い違いをしてしまう。
「なんだ、ボーナスステージか。」
こう考えてしまったことは、未だにハッキリと覚えている。
こう判断した自分は、その続きを見ることなく、他のゲームを見にスタスタと歩き去ってしまったのだ。
もちろん、その数十秒後に見られたであろう、エンディングにも気づかないまま。


これが、自分とドルアーガの塔の、紛う事なき最初の出会いだった。
その後、ファミコン版がブームとなり、クラスメートにカセットを借りて遊んだことで虜となり、さらにカセットの持ち主でもないのに買った攻略本で、そのストーリーに魅せられ、決定的に道を踏み外すこととなる。
後にそんな運命が待ち受けているなど知らず、眼前でエンディングをスルーした場所。
それがボーニストア花園店だった。


その後、中学生時代にも何度か立ち寄ったりしたが、結局その店のラインナップは、ドルアーガ以外は全く記憶にない。
やがてボーニストア自体がなくなり、建物はそのままに中身は変わっていった。

今も建物は残り、Googleストリートビューで外観は見られる。
現在はリサイクル屋になり、外の特徴的な丸い窓などの面影を残すのみ。


大きな地図で見る

だが、この場所が自分にとって、間違いなくドルアーガの塔と初めて出会った舞台なのだ。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/15(日) 12:00:00|
  2. 函館ゲーセン・メモリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

懐かしいですねぇ

記事みて非常に懐かしく思いました。ワタシが高校生の頃は花園ダイエーで、同じく2階のゲームコーナーが根城でした・・・
ラ・サール、有斗、高専のゲーマーが揃う場所で、当時の函館ではもっとも激戦区だったと思います。
授業終わると寮を抜け出して門限までゲームしてた気がします。今や当時行っていたゲーセン1件も残ってないのは寂しいですね・・・
  1. 2014/03/23(日) 02:41:25 |
  2. URL |
  3. むろらんちう #wLMIWoss
  4. [ 編集 ]

花園町界隈

コメントありがとうございます!

そうですね、あの界隈はさらに函大もあるので、激戦区だったと思います。管理人にドルアーガの60階を垣間見せてくれたのも、高校生よりはお兄さんだったような気がするので、函大生だったのかもしれません。

他には、別項で記事も書いた「ダイエー湯の川店」や、有斗のすぐ正面あたりにあった「ペガサス」なんかが記憶にあります。
ペガサスなんかは跡形もなくなってしまいましたね……。
  1. 2014/03/25(火) 14:15:43 |
  2. URL |
  3. GIL #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://druagato.blog117.fc2.com/tb.php/159-1d9146d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。