『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年、最後の日々。

2013年もそろそろ終わりが近づいてきました。


今年は、閉店を迎えてしまったゲームセンターが多数存在した年でした。
神保町ミッキーエスタディオパセオ渋谷会館モナコ……。地元のゲームセンターも、いつの間にかひっそりと店じまいしておりました。

そして、今年いっぱいでその役目を終えるゲームセンターが、2軒あります。


ひとつは秋葉原、JR駅の昭和通り口から出て正面にある、ファンファン秋葉原店


ファンファン秋葉原店の閉店告知

このような閉店告知が。


ファンファン秋葉原は、昭和通りでは唯一と言っていいゲームセンターです(ナツゲーミュージアムは週末限定営業なので、ゲーセンという定義とはちょっと違った立ち位置かと思います)。
音ゲーもあり、ネット接続のゲームもあり、プライズもありで、実に典型的なゲームセンター。昭和通り側に行った際はわざわざ中央通り側に戻らずともすんだので、『beatmania IIDX』はとくに穴場として重宝しておりました。

建物の老朽化ということで、仕方ない部分もあるのですが……やはり残念です。



そしてもう一店は、六本木ボルテックスです。

六本木ボルテックス

独特の店構え。
ここ、元はセガ系列の六本木GiGOでしたよね。


六本木ボルテックスの閉店告知

お店に入ってすぐ、この立て札が。


このお店、Twitterにも書きましたが、じつはかなり思い出のあるゲームセンターです。
以前、青山で働いていたことがあり、とくに週末はここでひたすら遊んでいた時期がありました。

中でもよく遊んだのが、

ギタフリV7

ギターフリークス&ドラムマニア。


当時、よく恵比寿のASO:VIBA!か、この六本木VORTEXのどちらかに毎週行っておりました。
理由は、どちらも音ゲーの音量が大きく、かつそれほど混雑してもいない穴場だったからです。ASO:VIBA! は新作の稼働当日に行って、バージョンアップ作業中もずっと筐体のそばに張り付き、稼働開始まで何時間も待ってましたね……。

ボルテックスの方は、それこそ仕事終わりから夕食もとらずに、夜の11時くらいまでギタフリを弾き倒したりしてました。
クリスマスの時期に、1階のプリクラに並ぶカップルの列を尻目にひたすらギタフリを弾いたこととか、『ハウス・オブ・ザ・デッド4』をプレイしていた女性に銃で殴られたりとか(ゾンビに組み付かれた際、銃を振ることでゾンビを振りほどかなければならないので、勢いあまってぶつかっちゃいました……)、六本木の中にあってある意味で異色の空間だったと思います。


この日、ギタフリV7とV8で、思い出の曲(おもに現行シリーズでは遊べないロング曲)ばかり弾いてました。
「カナリヤ:GFdm-MIX」「蛍」「pot-pourri d'marmalade」「HIGH」「SUZY AND THE TIME MACHINE」「SOME HARD REACTIONS」「BRING BACK」「USED TO ROCK'N'ROLL」、そして「DEPARTURE」……。
GITADORAの細いネックになれると、Vの極太ネックに最初は戸惑いますが、やってるうちに感覚を取り戻してくるもんです。無意識のうちに左手が動くという感覚、ひさびさに味わいました。
もちろん、ギタドラVシリーズが現役で稼働しているお店は、他にもまだ残っておりますが……個人的に、VORTEXといえば、ギタフリVなのです。

「DEPARTURE」で、個人的にお別れは済ませたつもりです。
残り少ない日々、これらのゲームセンターが残っているうちに、少しでも思い出の残る方は、ぜひ元気な姿を見に行ってください。


Thank you for playing!!


スポンサーサイト
  1. 2013/12/16(月) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://druagato.blog117.fc2.com/tb.php/197-e4893e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。