『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BCS NEWS(関連作品)

バンダイナムコゲームスの携帯アプリサイト『ナムコ・ゲームス』にて、ゲーム『ドルアーガの迷宮』配信開始



いやー、とうとうリリースされましたね、『ドルアーガの迷宮』
フタを開けてみたら、ホントに『ドルアーガの塔』の正統続編というか、基本システムを変えずに迷路の形状と宝箱の出し方だけをいじった感じでした。
人によりけりでしょうが、たぶんこういうアプローチの方が安心する方は多いのではないでしょうか?
これってPS版『ナムコミュージアムVOL.3』にあった、「裏ドルアーガ」「闇ドルアーガ」みたいなもんでしょうから。勝手知ったるシステムだけに、あとは己の根気が要求されるところでしょうかね。

個人的に注目だった小沢純子さんの曲ですが、ちゃんと最初の面から鳴っております。
音色も当時の音源っぽいし、これは何らかの形での音源リリースも期待したいところ。


あと、このゲームの目玉のひとつとして、「ゲーセン・ノート」というシステムが挙げられます。

ドルアーガの迷宮攻略ノート

表紙はこんな感じ。


仕組みが複雑なので、箇条書きにしますと、

●最初は全60階ぶんすべてが白紙の状態
●宝箱を出すと、各階のページにある「発見者」に登録される
●ただし、「発見者」に登録されるには、宝箱を獲得してフロアをクリアした後、「解答モード」という面で再度宝箱を出す(=出し方を確定する)必要がある
●「発見者」が3人に達すると、そのページに宝箱の出し方と、アイテムの効果が記される

…こんな感じで、ノートがどんどん埋まっていきます。
つまり、先駆者にはノートに名前を残す楽しみがあり(アプリをダウンロードしなくてもサイト上で確認可能)、あとの人は先駆者が残したノートでラクに攻略ができる、という感じです(もちろんノートを見ずに進めても可能)。

とりあえず興味を持った方、サイトは月額315円ですし、まずはお試しででも遊んでみるのはいかがでしょうか?
今日びゲーセンでも1回300円取られるゲームもあることですし、それを1回ガマンしたと思えば…。


あ、ちなみに管理人ですが、

ゲーセン・ノート地下2階

発見者

地下2階の第一発見者にならせていただきました。
(ホントは名前を「GIL」にしたかったんですが、そんな器でもないのでやめました)


いやもう地下1階や地下2階は、出し方が予想つくぶん早いもん勝ちの世界になりそうだったので、頑張っちゃいました。
みなさんもぜひ頑張ってください!

…ちなみに管理人、只今携帯を充電中です。電池の減りが早い… _| ̄|○
スポンサーサイト
  1. 2011/01/12(水) 18:00:00|
  2. BCS NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://druagato.blog117.fc2.com/tb.php/66-6ce423d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。