『ドルアーガの塔』研究室 管理日報

『ドルアーガの塔』研究室管理人・GILによる、更新履歴だったりつぶやきだったりてきとーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウェアハウス東雲

本日は、ウェアハウス東雲に行ってきました。

ウェアハウス東雲


なんでかというと、かなり昔の話にもなりますが、ここに『ドルアーガの塔』があるという話を聞いたことがあったので、それを確かめるためです。
しかし、ここは車で行く前提のお店なのか、地下鉄豊洲駅からもりんかい線東雲駅からも、歩いて結構かかる場所だったりします(疲れた…)。


で、行ってはみたものの、肝心の『ドルアーガの塔』はすでになく。
ところが、それ以上に大量のレトロゲームが設置されており、そちらに目を奪われてしまいました。

驚いたのが、おそらく70~80年代のものと思われる、テーブル筐体が10台以上。
中に入っているゲームも、『ザ・ビッグプロレスリング』『フロントライン』『平安京エイリアン』『テーカンワールドカップ』など、今となっては非常に貴重なゲームぞろい。
おまけに『平安京エイリアン』は、おそらく純正コンパネ。『テーカンワールドカップ』も、別ゲームのコンパネとは思いますが、あの見慣れた形状のトラックボールコンパネでした。

さらに、奥に進むと大型筐体のレトロゲームが盛りだくさん。
『スペースハリアー』『アウトラン』『ラッドモビール』純正稼働筐体(いずれもDXタイプ)『アフターバーナーII』のシングルクレイドル筐体、『バーチャレーシング』のツインタイプ筐体、『ガントレット』『ストリートファイター』『ダライアス』『モナコGP』『ポールポジションII』の純正筐体…とまあ、そんじょそこらの“レトロゲームに強い”と謳っているゲーセンより、よっぽど骨董的価値のあるゲームが揃っています。

ひっさびさに『ストリートファイター』と『バーチャレーシング』をやってみましたが、実機で遊ぶのなんて何十年ぶりでしょうかね~。『ストリートファイター』は、初めて昇龍拳を出すことに成功しましたが、それでもジョー(USAのマーシャルアーツの人)のソバット攻撃に倒されてしまいました。
惜しむらくは、ほとんどの筐体でブラウン管が寿命を迎えつつあることでしょうか…。画面が見づらいものが多いのが難です。


てなわけで、上記のタイトルに惹かれた方は、交通の便は今ひとつですが、一度遊びに行ってみるのをオススメします。

※なお、館内は撮影禁止だそうで、画像は公開できません。あしからず。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/23(日) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://druagato.blog117.fc2.com/tb.php/68-22545f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。